深セン地区犬に注意!狂犬病の恐れあり!!

在広州総領事館より、注意喚起です。

鎖につながず、狂犬病対策していない犬も結構いるみたいです。
深センの方、遊びに行く方は気をつけてくださいね!

↓↓以下、在広州総領事館からの引用↓↓

最近、深セン市内において、散歩中の犬に在留邦人の方が咬まれるという事案が発生しています。

ペットとして犬を飼う人も増えていますが、ロープなどにつながずに散歩している場合も多く、特に小さなお子様をお連れの方などは十分ご注意ください。

なお、中国は狂犬病の発生地であり、2008年には2,466人の感染死亡例が発生しております。万が一、狂犬病にかかっているおそれのある動物に咬まれてしまった場合には、直ちに十分に石けんを使って水洗いをします(傷口を口で吸い出したりしないでください)。

その後、すぐに医療機関で傷口を治療し、ワクチン接種をします。発病前であれば、ワクチンの接種は効果があると考えられています。事前に狂犬病の予防接種を受けている場合でも、狂犬病にかかっているおそれのある動物に咬まれた場合は治療を目的としたワクチン追加接種が必要となりますので、必ず医療機関で受診してください。