深セン地区犬に注意!狂犬病の恐れあり!!

在広州総領事館より、注意喚起です。

鎖につながず、狂犬病対策していない犬も結構いるみたいです。
深センの方、遊びに行く方は気をつけてくださいね!

↓↓以下、在広州総領事館からの引用↓↓

最近、深セン市内において、散歩中の犬に在留邦人の方が咬まれるという事案が発生しています。

ペットとして犬を飼う人も増えていますが、ロープなどにつながずに散歩している場合も多く、特に小さなお子様をお連れの方などは十分ご注意ください。

なお、中国は狂犬病の発生地であり、2008年には2,466人の感染死亡例が発生しております。万が一、狂犬病にかかっているおそれのある動物に咬まれてしまった場合には、直ちに十分に石けんを使って水洗いをします(傷口を口で吸い出したりしないでください)。

その後、すぐに医療機関で傷口を治療し、ワクチン接種をします。発病前であれば、ワクチンの接種は効果があると考えられています。事前に狂犬病の予防接種を受けている場合でも、狂犬病にかかっているおそれのある動物に咬まれた場合は治療を目的としたワクチン追加接種が必要となりますので、必ず医療機関で受診してください。

中国のH7N9型鳥インフルエンザ最新情報

総領事館よりH7N9型鳥インフルエンザについての情報があったので転載します。

中国でインフルエンザにかかると大変です。気をつけてくださいね。

 

中国国内のH7N9型鳥インフルエンザウイルスのヒト感染状況は以下の通りで、当館管轄区域内(広東省、福建省、海南省及び広西チワン族自治区)に発生者は確認されていません。また、これまでのところヒトからヒトへの感染も確認されていません。

1.H7N9型鳥インフルエンザウイルスのヒト感染状況(2013年4月11日午後5時時点)

中国全土で感染者38名、死者10名です。内訳は、上海市18名(死亡6名)、江蘇省12名(死亡1名)、浙江省6名(死亡2名)、安徽省2名(死亡1名)

2.【重要】:政府指定の病院

鳥インフルエンザに感染した場合、治療は政府指定の感染症専門病院のみで行われます。感染したかどうかの診断は他の病院で行われることもあります。当館管轄区域内の主な指定病院についても、当館ウェッブサイトでお知らせしておりますので、ご参考にして下さい。(http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/seqinfo/doc/20130412.html

過去の例に鑑みれば、今後、万一H7N9型鳥インフルエンザウイルスへの感染が疑われた場合は、診断が付いていなくても、そのまま隔離され、指定病院で治療を受けることになることも予想されますので、受診の際には必ず携帯電話と充電器、最小限の着替え等をご用意下さい。

3.日頃の注意点

在留邦人の方におかれましては、以下の諸点にご注意願います。
(1) 鳥や動物の死骸を発見した場合は決して触ったり近づいたりしないようにして下さい。
(2) 生きた鳥や動物を扱う市場や農家に必要なく近づかないようにして下さい。
(3) 石けんでの手洗い、うがいなど通常の衛生管理にも十分注意して下さい。
(4) うわさ話や流言に惑わされることなく、冷静に行動して下さい。
4.当館では新たな情報が得られ次第、当館ホームページ及びメールマガジンでお知らせします。