屋台料理「臭豆腐」

臭豆腐とはすごい臭いのする豆腐を揚げたのような食べ物です。→Wikipedia:臭豆腐

 

街を歩いていると風に乗り便所のようなくさい臭いが漂ってきます。

臭いの方向へ数十メートル歩くとその屋台はあります。

出来上がりを待つ間、その屋台の周りは便所臭が漂っています。

yatai005

 

最初食べるときは待っている間の臭いに驚くと思いますが、いざ臭豆腐を食べてみるとほとんど便所臭はしません。

味はごはんによく合う美味しい食べ物です。

yatai007

 

皆さんももし見かけたらチャレンジしてみてください。

作り方

屋台によって作り方は違いますが、一例です。

yatai033

①黒っぽいやらかい何か(豆腐なのかわからない)を油で数十秒揚げます。

②①を灰色の液体に入れます。この時箸で穴をあけ灰色の液体を中まで染み渡らせます。

③②をお客さんに渡す容器に移します。

④ねぎ・香菜を油でサッとあげ③にのせます。

⑤好みで辛い液体、辛い大根の漬物を③に入れます。

⑥最後に②の灰色の液体をおたまに1杯③にかけて完成です。
(大きさは一口サイズ、注文量が少ないと容器ではなく串に刺してくれます)

 

臭豆腐の作り方の看板

yatai003

 

その他情報

・屋台が出てくる時間帯は暗くなってからで道端に出てきます。

・値段は最低2元で1人前。大きさにより4~8個位です。

・買い方は、近くに行き「◯◯元」といえば作ってくれるので、商品と引換でお金を渡す。

・作っている途中で辛さをどうするか聞いてきます。4段階に分かれているので欲しい辛さを言います。
  ブーラー    不辣 辛くない ←おすすめ
  ウェイラー  微辣  ↓
  ズォンラー  中辣  ↓
  クァンラー  狂辣 辛い

・屋台によっては行列ができるほど人気があります。老若男女買っていきます。

・屋台によって味は少し異なり、お気に入りの味を探すのも面白いです。

yatai038

いろいろな屋台

いろんな場所にあります。

yatai006

yatai040

 

yatai004