中国のタクシーの乗り方(惠州の場合)

IMG_0193-001

惠州でのタクシーを呼ぶときは日本と同じで、空車のタクシーに手を振ると来てくれます。タクシーは街中にはたくさんいるので簡単につかまると思います。

危険な時間帯

タクシーを使う場合、気をつけなければいけない時間があります。
タクシーは午前6時、午後6時の前後1時間位で交代の時間になります。

この時間帯(午前5~7時、午後5~7時)は、タクシー運転手の交代する場所に行かなくてはならないため、決まった方向にしか行ってくれないタクシーが増えます。

午前6時前後は乗る人も少ないので気になりませんが、午後6時前後は乗る人も多くタクシーが少ないという状況になり、つかまえるのが難しくなります。

なので、午後6時前後は時間に余裕を持って出かけましょう。

 

タクシーをつかまえるとき

スーパーの近くなどタクシーを待つ人がたくさんいると先に乗った者勝ちなので怖気付いているといつまでたっても乗れません。

なるべく前に行き強引に乗りましょう。

私がタクシーに乗ろうとして扉を開けたのに、先に入られたこともあります。

危険な時間帯で決まった方向にしか行ってくれないタクシーは窓を開け、乗る前に行き先を聞いてきます。

それで行く方向が違うと乗車拒否されます。

 

タクシーに乗ってから

中国人っぽく振る舞うには、行き先の前に「去」をつけて「去◯◯◯」と言います。行き先の発音をしっかり勉強するといいです。

タクシーで使う中国語はこちら

行き先を告げます。 地名、建物名を言うだけで行ってくれますが、通じないときは紙に書いて見せてもOKです。

降りるときにメーターに表示されてる金額を払います。
恵州の料金は、初乗り7元で2km2.4元で、追加料金はないです。

 

その他

郊外に行くとタクシーの数はぐっと少なくなりますが、電話で依頼すると来てくれます。

Similar Posts:

レンタルWi-Fiでどこでもインターネットにつながろう。

中国に出張!
中国でもインターネットを使いたいならこれ!
日本に一時帰国!
日本でどこでもインターネットしたいならこれ!

1件のトラックバック

コメントを残す